平日の朝8時前。
朝食の洗い物を片付けて洗濯物を干して、とせわしない時間に、テレビの前でパっと立ち止まる曲がある。NHK Eテレの人気番組『みいつけた!』で昨年11月からエンディングテーマとして使われている『みんなおんなじ』に夢中だ。


イントロが流れると、娘が「この うた だいすきー」と反応するので、私も用事そっちのけでソファに腰掛けて一緒に歌ってしまう。

作詞・作曲も務めている森山直太朗さんが歌うこの曲、初めて聴いたときは「この曲……何かに似てる……分かった『愛は勝つ』だ!!」と、曲そのものより、KANさんの大ヒット曲『愛は勝つ』にメロディが似ていることが印象に残っていた。

しかし ノブレッセ アルファード フロントバンパー タイプLUX 塗装済み、そのシンプルなメロディラインが覚えやすいのか、娘がすぐに真似をして歌い出した。じっくり聴いてみると、これがものすごく可愛らしい曲で 185/55R15 82V HANKOOK ハンコック VENTUS V12 evo2 K120 ベンタス V12 エボ2 K120 サマータイヤホイール4本セット、何度もリピートしたくなる魅力があるのだ。

夫は音楽ストリーミングサービスのアプリを立ち上げて聴くほどのハマり具合で、家族内ブームが続いている。

サビの部分には子どもの声がコーラスで入っていたり、『みいつけた!』のキャラクターやたくさんの動物が出てくるアニメーションも、平易な歌詞も、頭と心にスーっと入ってくる。

自宅に一人でいるときに何気なく口ずさんでいると、途中から自分の声が震えていることに気付いた。何だか鼻の奥がツーンとする感覚がある。

≪え……もしかして私泣いてる???≫

目のふちに涙が浮かんでることを確認して、自分でもギョエエと驚いた。
何泣いてんの、私! 子供番組の歌で泣いてるって!いつの間にそんなキャラになったの!!

元々『みいつけた!』で使われている曲は好きなものがたくさんあった。
子ども向け番組だから、基本はもちろんポップなのだけれど、ちょっと捻りが効いていて、一緒に見ている大人に目配せをしていることも分かっていた。

完全にドリフターズを意識している『まいにち アハハを みいつけた!』は、ドリフ世代ではない筆者にも刺さりまくりで振付を真似してしまうし 、『レグのハートがぬすまれた!』は、篠原ともえさんの舞台で鍛えたと思われる歌声とセリフ回しが圧巻だ。

『ふたりはさかさま』は作曲の吉井和哉氏らしいコード進行や不協和音の使い方が気持ち良くてこれも一緒に踊ってしまう。

だが、ここにきて『みんなおんなじ』の、何のてらいもない、どストレートの直球に心をつかまれている。

優しいのんびりした曲調よりもハードなサウンドが好きなのは今も変わっていないし、音楽で「癒される」なんてまず自分には関係ない話だと思っていた。なのに、今はそれを超越して涙しているくらいだ。

まったくこんなの自分のガラじゃないな……と赤面しそうになったが、最近自分ってこんなタイプだったっけ?と思う場面に何度か出くわしている。

秋口くらいから、お迎えに行く時間帯は夕焼けが綺麗に広がっていて 【送料無料】 235/35R20 20インチ WEDS ウェッズ マーベリック 709M 8.5J 8.50-20 YOKOHAMA ヨコハマ PARADA Spec-X サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、毎日「今日は面白い色だなー」とか、「前は同じ時間でももっと暗かったけど、少しずつ日が伸びてるんだな」なんて考えながら歩いている。

娘に、「今日の夕焼け綺麗だね、何色に見える?」と話しかけて、「あおと、オレンジ!」なんて返してもらえると嬉しいし、われ関せず、みたいにされるとそんなものかな ADVANCE ≪ハイエフェンシーオルタネーター≫(ダイナモ) ランサーエボリューション9 CT9A 4G63 [130A] ブラック、という感じだ。

そういえば、月って毎日のぼる場所が変わってるんだな、と当たり前のことに気づいたのも割と最近のこと。小学校の理科で習っていたことなので、知らないはずはないのだけれど、毎日空を見る習慣なんて以前はなかったし、もっと言うと、空や自然に大して関心もなかったのだ。

見てなかったわけではないけれど、意識していないから印象にも残らなかったのだろう。だけど、近頃は「今日の夕焼けはとくに綺麗だからちょっと残しておこう」なんてスマホを取り出したりしている。

何でSNSには空とか夕焼けの写真がよくアップされているんだろうと疑問に感じていた頃もあったが、ただ単純に「だって綺麗だもんね!」と納得している。

以前北欧に旅行した際も、森の中に遊びに行ったことがあまりに楽しくて、友人に「旅行で何が一番よかったの」と聞かれたときにその話をしたら「君からそんな発言が出るとはねー」と驚かれたりもした。

心境の変化というよりは生活習慣の変化によるところが大きいから、子どもの成長とともにまたあまり空も眺めなくなるかもしれない。旅行に行っても自然より街中がいい~とまた言うのかもしれない。でもまたその時には、自分の新たな、そして意外な一面に出会っているかもしれない。

「こんなものが好きになるとは、以前だったら信じられないわー」と言いつつ、ガラじゃない自分も意外と悪くないじゃないと、今になって見える、今だから見える光景を楽しんでいる。

真貝 友香(しんがい ゆか)
ソフトウェア開発職、携帯向け音楽配信事業にて社内SEを経験した後、マーケティング業務に従事。高校生からOLまで女性をターゲットにしたリサーチをメインに調査・分析業務を行う。現在は夫・2012年12月生まれの娘と都内在住。